WiFiと無線LANの違いとは ポケファイ

WiFiと無線LANの違いとは

WiFiと無線LANの違い

WiFiとは、無線LANの規格の一つであり、IEEE802.11に準拠しているものを指します。

スマートフォンが普及し、WiFi対応機器が増えてきたことで、注目されているワードの一つでもあります。
モバイルルータ等を持つことで、今までは有線で行っていた接続が、アクセスポイント内であれば手軽に無線通信が可能です。
アクセスポイントの提供は、各携帯電話キャリアのLTEのほか、UQが提供するワイマックス等があります。

 

これまでは、モデム、ルータ、LANケーブルを用意し、それらを間違いなく接続してPC側の設定も行う必要がありました。
WiFiが注目されているのは、無線LANによってケーブルを意識することなくインターネットへ接続できることももちろんですが、これらの設定等についてもほぼ不要である点も理由の一つです。これは、WiFi認証を受けた機器は、認証団体によって認証を受けた機器同士が通信を行えることを保障されているためです。

 

これまでは、自宅という有線のオンライン環境のみでしか行えなかったことを、ワイマックスやワイマックス2+、LTEルータ等を持ち歩ことで、どこでも手軽にオンライン環境を構築することができるようになりました。
ビジネスマンであれば、出張で滞在しているホテル等でも、また、空港等での待ち時間、打ち合わせ等に使用する会議室でもWiFiを活用して手軽に無線LAN環境での仕事ができます
プライベートでの利用でも、カフェや飲食店などでWiFiスポット(アクセスポイント)を提供する事業者が増えてきました。このため、ちょっとした時間にこのWiFiスポットを利用し、インターネットの閲覧ができるだけでなく、これまでの低速回線ではストレスが多かった動画閲覧、ダウンロード等の処理も行うことができます。
モバイルルータを持ち歩くことで、どこでも、手軽に、オンライン環境を利用できる。これこそが、WiFiの魅力であると言えます。